英会話を覚えよう

−どうすれば英語が上手になる??-
ワーキングホリデーで英語上達! 英語の基礎知識
英会話スクール 日常で使える英会話知ってますか どうすれば英語が上手になる??
Q&A

 

Q1:形容詞の並べ方について教えて下さい。

A:形容詞の順番なのですが、順序が違っても意味は通じます。それから、ネイティブもキチンと頭で順序を把握しているとは思いません。小さな子供の頃が聞いているので、自然と感覚が身についているのだと思います。並べ方ですが、目安として『簡単に変えられない性質ほど、うしろにくる』と覚えておくと便利です。

例えば、「3つの青い大きなリンゴ」だと形容詞は「three」・「big」・「green」の3つですよね。この中だと、「three」という数は簡単に変えられる(4つにしたり、2つにすることは可能なので)ため、一番先頭になります。また、「big」と「green」を比較すると、「青いリンゴ」というのは、そのような種類だから、変えられない。でも、大きさにはバラツキがあるので「big」が「small」になる可能性もある。

Q2:語彙力をつけるには、どうすればいいですか?

A:語学の場合、どうしてもある一定量の知識は土台として必要なので、まずは知識の習得に力を注ぐことが一番です。方法は二つあります。

一つは英語の本を読むことです。そんなに難しい本を読む必要はないので、最初は教科書でも十分だと思いますが、毎日少しずつ読んでみてください。声に出して読む(音読)と覚えやすくなります。もちろん、最初は意味の分からない単語が出てくるので、そのときは辞書で意味を確かめながら、読んでください。このとき、単語を暗記する必要はありません。何度も繰り返し読んでいけば自然と覚えられます。

もう一つは、例文集を購入して、フレーズを覚えることです。このとき、日本語の訳文をみて、それを英語に直す練習をしてください。このときも、声に出して覚えると効果的です。また、例文集を購入するときには、付属でCDがついてあるのがベストです。こうやって、耳からも覚えるようにすると、より覚えやすくなるからです。

ポイントは同じ教材を何度も繰り返すことです。こうやって完全に内容を覚えてから次の教材に取り掛かるほうがいいです。内容を覚える前に、次の教材をやり始めると、結局覚えたことを忘れてしまうので、要注意です!!

Q3:英文をスラスラ読むことが出来ません。

A:これは英文を理解する能力が不十分なことが原因です。1つの文を読むのに大きなエネルギーを使うので、前の文の内容を覚えておくだけの余裕が脳にないということです。簡単にいうと、スタミナ不足ということです。

この問題を克服するには、英語に対するスタミナをつけることです。具体的には、単純に英文を読むことです。筋肉と同じように、使えば使うほど脳も鍛えられて、スタミナもついてきますから、このへんは本当に単純に量をこなすことです。そうはいっても、最初は慣れないことをするわけですから大変です。その労力を少しでも減らすために、同じ英文を何度も読むことをオススメします。一度読んだものであれば楽ですし、これでも十分効果はあります。

続けることが第一ですから、負担を感じない範囲内で練習を積み重ねることが重要ですね・・・。

Q4:英語が出来るようになるにはどうしたらいいですか??

A:コトバというのは、読む、聴く、話す、書くの4つから成り立っています。ですから、英語をできるようになるにはこの4つのスキルを鍛える必要がありますそれにはとんでもない時間と労力を必要とします。多分、全てのスキルをネイティブ並にしようとしたら、10年では足りないのでは・・・・。

現実問題としては、自分が本当に必要な部分だけを重点的に勉強するというふうに割り切ったほうが効率がよくなります。英語でメールのやりとりができればそれでいいというのであれば文法と語彙力、それにライティングスキルを組み合わせれば、とりあえずOKです。
映画を字幕なしで楽しみたいという人にとっては、ライティングスキルはなくてもどうにかなるものです。
仕事で英語を使うという場合には、日常会話やスラングを覚えるより、その仕事の分野のコトバに精通したほうが正解です。また、語学留学するので、そのまえに少しでもという人は、スラングなども重点的に勉強しておいたほうがいいわけです。

こんなふうに英語で何をしたいのか?という目的によって、勉強のしかたが大きく違ってきます。

問題なのは、これをあなた自身が本当に望むかどうかです。英語は趣味、英語を勉強すること自体が好きという人であれば、全てのスキルを万遍なくというのはいいと思います。
誰でも自分が本当に望むものが叶えられるとあれば、努力を続けることができます。

check

デザイナーズマンション検索サイト

最終更新日:2017/9/14

Copyright (C) 2008 英会話を覚えよう. All Rights Reserved.